パスワードを忘れた? アカウント作成
166239 story
教育

教員同士で授業内容を売買するサイト、米国で人気上昇中 46

ストーリー by hylom
少なくとも新しい市場は開拓 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、

米国で学校の教員が授業内容や練習問題などを売買するサイトが人気を集めているそうだ(The New York Times本家/.)。

最大規模のTeachers Pay Teachersには登録ユーザが20万人おり、2006年の開設以来60万ドル(およそ5400万円)の売上を記録しているとのこと。教える側のメリットには、練習問題などの準備を短縮できる分授業内容を練る時間を増やせることや、経験豊かな教員による授業内容を使って授業を組み立てたてられることがあるという。また、他の教員の授業内容や教材を参考にすることで自身のスキルアップに繋がると感じる教員もいるそうだ。教材等を売ることで教員が得る収入の使い道はもちろん自由なので、備品や本などの購入に充てられることもあるが、外食やローン、クレジットカードの支払いや旅行など個人的な用途に使われることもあるとのこと。

このため、こうした傾向に眉をひそめる学校関係者も出てきているという。また、学校の授業のために教員が準備した内容はどこに属するのかという問題も浮上しているそうだが、あまりに新しい市場であるため法律上の解釈や現場のガイドラインや指針が追い付いていないのが現状だそうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 著作権以外にもいろいろな権利が関係することは承知していますが、とりあえず、著作権についてです。

    著作権法 [cric.or.jp]

    (職務上作成する著作物の著作者)
    第十五条 法人その他使用者(以下この条において「法人等」という。)の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物(プログラムの著作物を除く。)で、その法人等が自己の著作の名義の下に公表するものの著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。
    2 法人等の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成するプログラムの著作物の著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。

    契約、勤務規則その他で特に決めていなければ、授業中の配布物の著作権は学校にあることになるということでいいのかな。

    本務先と非常勤先で同じ資料を使って似た内容の講義をすることがあるので、このあたりの権利の扱いについては、ずっと気になっています。勤務時間外に個人的に作成した資料を、本務先と非常勤先の双方に、特定の担当者(どっちも自分だけど)が特定の目的で使用することを許可しているんだということで、自分としては無理に納得していますが、それでいいんかいな。

    • 「法人等が自己の著作の名義の下に公表するものの著作者」っていってんだから、
      キャンパスガイド  by ○○大学
      とみたいに大学の著作名義なら大学が著作者、
      ○○学テキスト  (c)○○大学 何の何衛門
      と表記してあれば教員自身が著作者・・・・じゃないの???
      親コメント
    • 法人その他使用者の発意に基づき……学校や上司がその著作物を作ることを命じる必要がある
      その法人等が自己の著作の名義の下に公表する……著:○○大学 等とする必要がある(ただしプログラムの著作物を除く)

      学校が(授業に関して)教員に与える命令はおおざっぱに言って「授業をしろ」であって、「△△の内容の教科書あるいは資料を書け」「それをもって授業をしろ」ではないので、教員の書いた教科書あるいは資料は、学校の発意ではなく、学校が自己の著作の名義の元に公表していないので、職務著作には当たらない。

      と思考してみました。実際にはこんなに単純には行かないと思いますが。
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      逆に、著者が著作者であると、すなわち教員(使用者)が作ったものはその教員が著作者である
      (ただし著者名義で公表した場合)と定めているように読めます。
  • by Anonymous Coward on 2009年11月19日 19時56分 (#1675409)
    一般的に、教える先生は他の先生の講義を聞くことはないので、特に同じような内容の講義をしている先生の内容は非常に参考になると思うんですよね。
    手引きやハンドブック、Webで公開されているところも多いですが、 ここでは、有料であることが問題になっているのでしょうか?
    良い講義とするにはは結構創意工夫がいります。これらのノウハウは(多少は教材が用意されているとしても)個人の資質によるものも大きいので、教科書的な本を出版するしたときの印税と同じように、個人の収入になってもよいと思うのですが。
    • 高校教師なんか予備校の単科だけ受けたり、私学だと夜予備校の教員をやってる人、結構いますよ。
      高校の許可もらって。

  • by Anonymous Coward on 2009年11月20日 0時33分 (#1675631)

    授業内容の共有なら、都道府県単位での教育センターで既に何十年も実践されているので、ご案内まで。
    参加するもしないも自由。売買するほどのもんでもないし、好きに使ってもらってます。

    • by SigZ (37) on 2009年11月20日 8時26分 (#1675736)
      > 授業内容の共有なら、都道府県単位での教育センターで既に何十年も実践されているので、ご案内まで。

      ですよね。たしかネット上にも同様の取り組みがあったと記憶しています。
      それで、実際のところ「各都道府県の教育センターで共有されている授業の内容」の利用率はどの程度なんでしょうかね?
      「売買するほどのもんでもないし」というのは多分に謙遜が含まれているのだと思いますが、有料で取引されてもいいようなレベルの教材もあるのでしょうか?
      親コメント
  • by flutist (16098) on 2009年11月19日 19時28分 (#1675393)

    大学の先生が自分の専門知識を本に書いて出版、収入があったとき、大学に金を払うって言う話は聞いたことないので (私が知らないだけかな?)、同様のサイトが日本にできても、お小遣い稼ぎってことでいいんじゃないですかね。お金が欲しい教官は、質の高い資料を作ろうってがんばるんじゃないかな。

    このサイト、簡単な資料では free のモノもありますね。英語教材でもいいときには便利かもしれない。

    • Re:帰属 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by AnotogasterSieboldii (37677) on 2009年11月19日 20時11分 (#1675424)

      教科書や参考書を買うようなものだから全く問題ないでしょ。
      これがダメなら、教員が自分で教科書なしですべての資料を作るしかない。

      親コメント
      • Re:帰属 (スコア:3, 興味深い)

        by haratake (365) on 2009年11月20日 4時53分 (#1675710)

        教員が教科書を出版して、それを授業の教科書と指定して、
        学生に強制的に買わせてしまう学校がどこぞにありましたな。

        親コメント
        • by 90 (35300) on 2009年11月20日 23時05分 (#1676223) 日記

          原作をパッケージで販売して、それを映像化作品の最終回の上映会チケットに指定して、
          入場時に開封して無効にしますよって発表した会社も以下略。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          その教科書の末尾についている履修票を切り取って添付しないとレポートにを受け取ってもらえないというやつですか?

        • by Anonymous Coward
          3冊も買わせといたうえに
          最初の講義で「この本はあんまり使いません。読んどいてください」とか
        • by Anonymous Coward

          へ?
          それが普通だと思ってましたが?(汗)

  • by motamota (30138) on 2009年11月19日 19時28分 (#1675395)

    知識やノウハウを扱う新しい市場が出現するという話。
    クリフォード・D・シマック [wikipedia.org]の「大きな前庭」がそんな話でしたか。取引相手は飛び込みの異星人連中だけど。
    知識こそ究極の商品だとかなんとか。

  • by suibotu (39282) on 2009年11月19日 19時53分 (#1675408)
    この発想はなかった
    • by Anonymous Coward

      ファーストインプレッションで、私も良い取り組みだと思いました。

      単にテキストのコピペを目的としている人がいれば問題かもしれませんが、
      生徒が食いついてくるようなノウハウを共有するというか、
      視野を広げて横のつながりを持とうとするのは有意義だと思います。

      ということを書いてると、スラドでも過去に問題になっていた
      「生徒によるWEBサイトでの調べ物云々」と本質的にはあんまり違わない気がしてきました。

      立場は逆でも、要は道具の使い方の問題だよね、と

  • こういう市場はどんどん整備されるべきだと思う。
    教材の売買は可能で、授業内容の売買には眉をひそめる人は魂を売ったとでも思っているのだろうか。
    どんなによい授業ノウハウを仕入れたところで、最後には授業をやる人が変わるわけではないので
    だめ教師はだめなまま、良い教師は良いままだと思う。
    なまじオリジナリティにこだわるよりも、ノウハウのしっかりした他人のやり方を淡々とやってくれたほうが
    ましだなと思える教師は、子供のころ確かにいた。
    • by Anonymous Coward
      自由時間中に作った物なら売買も問題無いとは思うんだけど、
      実際に仕事時間中に授業の資料作って授業の内容検討してそれで行った授業なら、
      権利的は学校側にあっても不思議は無い気がします。契約にもよるんだろうけど。
      会社で仕事で作ったソフトをシェアウェアとして売ってしまうのと同じじゃないかと。
      だとすれば、それを売って個人の収入として使うのはおかしいですよね。
      • 公立学校の教員が勤務中に作成したプリントなどの権利が勤務する学校に帰属するなら、
        転勤で別の学校に行ったらすべて一から作り直す必要があることになります。
        実際にはそんなことはなく、前の学校で作ったプリントを手直ししながら使います。
        ですから、権利は学校ではなく個人にあるのではないかと思います。

        それを売ってカネにするという前提がないから、それで許されているのかもしれませんが。

        親コメント
  • by naruzoh (21431) on 2009年11月19日 21時03分 (#1675478)
    もちろん全ての職業について言える事であるとは思うけれど

    財に至るまでの経験に裏打ちされた知であるならば、
    むしろ健全な進化と思える。

    こうした教材を求める教員と言うのは「楽」よりも「向上」を目指す人たちであって欲しい。
  • by Anonymous Coward on 2009年11月19日 20時39分 (#1675440)

    さもしい

    • by Anonymous Coward on 2009年11月20日 0時37分 (#1675635)
      ウェブの現状を見れば分かるけど、ある程度制限の効いたコミュニティじゃないと
      バックグラウンドが違う人が集まりすぎて、知識のレベルはどんどん落ちる
      お金で制限するのがベストじゃないけど、わざわざ金だしてまで使というのは、フィルタとしてはいいんじゃないかな
      親コメント
    • 日本でも、高校、大学は金を払って学問をしに行く機関だし(学歴を買う人もいる)
      アマゾンの書籍のTOP100の中には、結構多い割合で勉強本、啓発本がある。

      知識というのは、その人がやはり金を出して入手したり、考えに考え抜いて、実践して得たものなので
      金を払って教えてもらう事に特に違和感を感じない。

      共有は、同レベルの知識を等価交換できれば問題ないが
      そうできない場合に金銭で代償を払うのは当たり前の行為だと思う。

      #知識が無料で手に入ると思うのは幻想

      親コメント
    • >さもしい

      で、君の全知識はどこに公開されてますか?ないなら仕方ないですけど。

      なお、0円の価値しかない知識は要りません。

      親コメント
    • by Anonymous Coward
      そして生徒がそれを参考にして楽して高得点を…
      • 今でも教育のノウハウを公開しているサイトはたくさんあるので、その気になれば生徒が先回りしてそのネタを知って有利な立場に立つことはできると思いますよ。
        そこまでやる気があって下調べをして授業に望む生徒がいるなら、それはそれで良いと思います。

        親コメント
      • by Anonymous Coward
        教師より先回りしてうんぬんかんぬんというぐらい機転が利くなら、それはそれで悪くないと思う。
    • by Anonymous Coward
      すでに教科書とかベースになるものはあるでしょ。
      「+α」の部分は個人の努力だし。
    • by Anonymous Coward

      他人のモノ(成果)は俺のモノ、ですね、わかります。
      # どっちがさもしいんだか。

  • by Anonymous Coward on 2009年11月20日 10時34分 (#1675782)

    アメリカにはそういう規定ないんでしょうか。

    # 「教員の僕が言うんですから」といって契約を取ろうとするアムウェイマンが身近にいるのでAC

    • by Anonymous Coward
      確か、本の印税収入はよかったような。
  • by Anonymous Coward on 2009年11月20日 10時47分 (#1675794)
    重要と供給があって市場が成り立つのは自然なこと。
    有償に足る制作物を作れる者がいれば有償で大いに結構でしょう。
    でも、優れた授業実践を教員間で広く共有して活用するのって、既存の教育システムの枠内で実践されてしかるべきことですよね?

    教職員の間でノウハウが共有されていないにしろ、既存の出版社や教材メーカーが優れた教材を開発していないにしろ、
    新たな市場が開拓されるほど放置されていたこと自体はどうなの?
    そしてそれを市場化で解決しちゃう流れってどうなのかなぁ?
    • by Anonymous Coward

      程度の問題でしょ。
      まさか、有償トレーニング系の事業を全否定するつもり?

  • by Anonymous Coward on 2009年11月20日 11時06分 (#1675802)
    自分の大学でどんなにたくさん授業をしても追加の給与はもらえない(アタリマエ)。 でも、余所の大学で講義をすると(場合によっては)講演謝金がもらえる。 そこで、15人(1学期の講義回数ぐらい)の賛同者(「様々な分野の専門家に講演してもらう特別科目」的な追加予算を取ってこれるぐらいの実力者限定)を募り、各自でそれぞれ1コマ分の講義内容を準備して、各大学で1回ずつ授業をしてまわる。 1コマ分の授業内容で15回分の講演謝金ウマー。
    • by mu (9770) on 2009年11月20日 12時10分 (#1675829) 日記

      ひどい内容の授業でも責任は1/15に分散するしね.

      親コメント
    • Re:錬金術 (スコア:2, 参考になる)

      by WizU (35053) on 2009年11月20日 12時58分 (#1675871) ホームページ

      > 自分の大学でどんなにたくさん授業をしても追加の給与はもらえない(アタリマエ)。
      これって当たり前なんですか?
      自分の大学では義務となっている持ちコマ数を超えた分は追加で給与が支給されます。
      もっとも、他大学で非常勤講師をした方が1コマ当たりの収入は多くなりますが。

      親コメント
      • Re: (スコア:0, オフトピック)

        >他大学で非常勤講師をした方が1コマ当たりの収入は多く

        大学の経営者は自分のところで余計にやるより他大学で働くことにインセンティブを与えているということですよね。
        なぜだろう?
        • by WizU (35053) on 2009年11月23日 14時44分 (#1676932) ホームページ

          >大学の経営者は自分のところで余計にやるより他大学で働くことにインセンティブを与えているということですよね。
          追加的に講義をやると講義の質が下がるが、外部で非常勤講師をやるときには質が下がらない場合等がそのような行動を説明しうると思います。
          例えば、同じ大学で追加的な講義をするには新規にレクチャーノートを作らなければならないが、他大学で非常勤をやるときにはレクチャーノートを使い回すことができる場合等です。

          ただ、結果的に他大学で働くインセンティブを得ている事にはなりますが、インセンティブが主目的なのかどうかはわからないです。
          例えば、ある大学の教員の授業の質が低く、他大学の教員を非常勤講師として招いて行う講義の方が質が高い場合、にも報酬に差が出ます。
          所属教員の能力水準に差がなくとも、講義の多様性自体が価値を持つ場合には、大学間で高めの報酬で教員を互いに派遣しあう事が、結果的に大学の価値を高めます。

          他にも、教員が追加的に講義を持つときに要する費用(心理的なものなど含む拾い意味での負担)が、所属大学で追加的に講義を持つよりも、他大学で追加的に講義を持つ方が大きいために、その差を埋めるように報酬の差を設けているのかもしれません。

          どの様な大学がどの様な報酬の枠組みを設定しているか比べてみないと、どれがもっともらしい説明なのかはっきりしないです。

          親コメント
  • by Anonymous Coward on 2009年11月20日 16時24分 (#1676003)
    公務員の副業は禁止じゃないのか。 日本だと、完全に法規違反でしょ
    • by Anonymous Coward
      公務員でも申請すれば、日本でも認められこともある。このような執筆活動だと許可が下りる可能性が高いと思う。現役の先生が参考書とかの協力したりしている。
      • by crayfish (9255) on 2009年11月22日 0時21分 (#1676574)

        公立学校の教員であっても、本や雑誌へ執筆して稿料をもらうことに問題はありません。
        一応管理職に確認をとる必要はあるんじゃないかと思いますが、ダメだという管理職はいないと思います。学校名を出さないでくれと言う管理職はいるようですが。

        親コメント
typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...