パスワードを忘れた? アカウント作成
144136 story
教育

世帯年収と学力は比例する? 255

ストーリー by hylom
「貧乏だから勉強ができなくてもあたりまえ」ではありません 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、

京都新聞が、昨年実施した全国学力テストの公立小6年生の結果について追加調査を行ったところ、保護者の年収が高い世帯ほど子供の学力も高いという文部科学省の調査結果を報じている。

5つの政令市の公立小学校、計100校の6年生8093人が調査対象で、5847人の保護者が回答したものを集計した結果とのことで、年収が高い世帯ほど「教育に金をかけている」ため差が生じたと分析されている。

また、学力が高い子供の家庭ではニュースや新聞記事を話題にしたり、親が言わなくても子どもが自分から勉強したりする傾向があるそうだ。そのほか、「小さいころ、絵本の読み聞かせをした」「家に本がたくさんある」という家庭の方が学力が高いとのこと。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 比例? (スコア:3, おもしろおかしい)

    by racco (37699) on 2009年09月17日 16時45分 (#1641107)

    比例するというから、

    300万の家庭と3000万の家庭で10倍、300万の家庭と3億の家庭で100倍違うなら
    たいしたもんだと期待したが、、、

    どこにも見付からない。

  • by greentea (17971) on 2009年09月17日 17時19分 (#1641144) 日記

    日本では、あまりに貧乏すぎてろくに学校に行けないってのはあまりないでしょう。
    他の方も言っておられるように、収入は直接的には関係なく、遺伝か親の意識の問題が大きいように思えます。

    しかし、小学生が学習塾に通って「お受験」をして私立の中学校に通うって流れは、それなりに裕福な家庭じゃないと簡単には出せないだろうなぁ、と感じています。(それでも、子供のことを思って無理して出す家庭も多いらしいですが)
    塾に行くのが前提の私立中学校進学はどうにかならんのかなぁ。お受験の面倒まで小学校に見てもらうなんてのは、非現実的なのでしょうか。

    # 塾に通うことなく義務教育の公立小中学校から、東大にたくさんの入学者を出している地域の公立高校に入る、ということが現実的でないならば、それは義務教育がその程度にしか機能してないという意味だ!と思ってる私は、考え方が歪んでる?

    --
    1を聞いて0を知れ!
    • by Anonymous Coward on 2009年09月17日 17時28分 (#1641153)

      地方によって違います。

      私の出身県では県立がトップ校を占めているためおそらく学力と親の資産には相関はないでしょう。
      (私立は「滑り止め」のために受ける:私立中学に進学するのは凄く稀)
      貧乏でも県トップ⇒国立大(⇒そして大学院)の全公立コースが可能な「県」は存在します。
      私も(小学生時、親が破産したので)この県出身でなかったら院に進学して研究職なぞ就けなかったでしょう。

      ただし、全国レベルで見るとこの県は「中等教育に失敗している」と評価されます(東大合格者10人レベル)

      親コメント
      • ちょっと待った!

        県立高校がトップ校を占めていても学力と親の資産(ってかいてあるけど収入だよね)に関係あるさ。
        県立高校の授業料は安いかも知れないけど誰でも受験すれば合格するわけではなかろう。
        進学塾などの受験準備に金がかかるんだから、やはりそれなりの収入がないと無理じゃない?

        結局、生まれたときからそれなりにお金をかけていないと、
        小学校->中学校などの変わり目で選択の余地がないとう言うことになると思う。

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2009年09月17日 18時07分 (#1641197)

          はいはい、元コメACが再度通りますよ。

          県立高校の授業料は安いかも知れないけど誰でも受験すれば合格するわけではなかろう。
          進学塾などの受験準備に金がかかるんだから、やはりそれなりの収入がないと無理じゃない?

          元コメで「ただし、全国レベルで見るとこの県は「中等教育に失敗している」と評価されます(東大合格者10人レベル)」と書きましたが、この理由は、「公立高校入試(問題は全高校共通)は教科書ちゃんと理解していれば9割5分解ける」なのです。
          難問・奇問は出ない。「問題は全高校共通」なので、中学で実施する全県一斉模擬試験(実質無料)で自分の順位は把握できる。
          教科書さえ十二分に理解できれば県立トップいけます(事実、私は塾行かずに教科書しか勉強してません<中学時代)
          逆に言えば、その程度なんです>県立トップ(「中等教育に失敗している」と評価されてる理由)

          高校も予備校行かずに赤チャート(30歳以上しかしらないだろうな)を小遣いで買って国立大行きました。
          まあ、行った先で「やっぱり親裕福なほうが有利だよな」と思ったわけですけどね。

          ストーリーにケチつけるわけじゃないけど、それ以外の実例もあるわけですというだけのAC.

          親コメント
        • by Anonymous Coward on 2009年09月17日 19時12分 (#1641239)
          私も別ACですが、

          >進学塾などの受験準備に金がかかるんだから

          という発想自体が、地域差を表していると感じました。

          私は岩手のそこそこの進学校出身(もちろん県立)ですが、高校受験のために塾に行くという発想はありませんでした。
          他の方と同じく、私の地元にも「進学」塾なるものは存在しなかったからです。
          ついでに言うと、進学校といっても受験倍率はたしか1.05倍程度で、要するに受かる人の方が圧倒的多数なのです。

          それと大学受験ですが、盛岡には大学予備校があるはずですが、遠すぎて通う事は出来ず(行くのは良いが帰れなくなる)、ある程度裕福な家庭でも、夏期講習に行くのがせいぜいでしたね(その程度であっても金がある家は違うなあと思った記憶があります)。
          受験後にしても、多くの家庭は浪人生活を支えるほどの経済力が無いため、現役で一つも大学合格出来なかった人のほとんどは、大学受験を諦めて専門学校へ進みました(大学合格発表後に就職する事はまず無理)。

          幸い、私は東京の国立大学に現役合格できましたが、上京してみて、予備校が山ほどある事に驚き、金がいくらあっても環境が無ければどうしようも無いなと思うと同時に、これだけ勉強できる環境に恵まれながら落ちる人がいることを不思議に思いました。
          親コメント
    • 塾は別に必要とは思いませんが…

      大阪だと体育とか音楽が苦手だと公立の学区トップ校にいけませんから、中学受験させるという感じです。

      塾はともかく中学以降は、「自分の勉強部屋」があるか否か、また冷房があるか否かは結構重要なファクターでは、と思う。
      私の受験の頃は随分昔だけど、勉強部屋があったことはありがたかった。その部屋には冷房はなかったので(昔は冷房は贅沢品)夏休みは深夜早朝に勉強するのが常だった。
      中高と私学でしたが塾に行った記憶はない。

      親コメント
  • あたりまえの結果 (スコア:3, すばらしい洞察)

    by astro (17245) on 2009年09月17日 17時46分 (#1641170) 日記

    行われているのは「智の相続」なのですから。

    いくら一代で財産を築いても子孫が資産を食いつぶしてしまうのは、
    「智ではなく金」を相続するから起きるのです。
    どうやって財をなしたかを相続することができれば、たとえ子孫は
    0からの出発でもまた財をなすことができるでしょう。

  • by NOBAX (21937) on 2009年09月17日 16時47分 (#1641111)
    なんだろうけど、年収の低い世帯では
    生活費に回っちゃうんだろうな。
  • 正しくは (スコア:2, 興味深い)

    by materialvenus (38016) on 2009年09月17日 16時48分 (#1641113) ホームページ
    親の学力が高い→いい仕事に就ける→高収入を得られる
    └→学力が遺伝する→子の学力が高い

    あとは、親の意識の問題ですね。
    お金をかけなくても、図書館に行けば本は読めるし
    安い家庭学習教材もいろいろありますし。

    --------
    未だに漢字学習ドリルや算数の図形問題が好きなコメント者
    • by phenix (31258) on 2009年09月17日 19時30分 (#1641258)

      シムシティが丁度そういう実装になってたはずなので、
      この仮定に基づいたシミュレーションはものすごく簡単にできそうです。
      私立学校(高収入の家庭だけ通える)を設置した場合と設置しない場合で相関がどう変わるかとか。

      親コメント
    • Re:正しくは (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2009年09月17日 20時02分 (#1641276)

      >学力が遺伝する
      ちょっとまて

      親コメント
      • Re:正しくは (スコア:3, すばらしい洞察)

        by koutaro (12614) on 2009年09月17日 22時12分 (#1641351)

        遺伝というよりは、高い学力を得るための習慣ができやすいと言った方が、
        的を射ているような気がします。

        上の方にあるコメントの方のように反動で本を濫読された方なども
        もちろんいらっしゃると思いますが、それを考えても「遺伝」と言ってしまうと、
        味が無さ過ぎます。

        #>学力が遺伝する
        #ちょっとまて

        #同じことを感じたので、ここにぶら下げさせていただきます。

        親コメント
      • Re:正しくは (スコア:3, 興味深い)

        by animal (13504) on 2009年09月18日 0時24分 (#1641405)
        親が両方共、某国立大医学部出身で医者の三姉弟は、
        ・長女は小学5年生で微分積分
        ・次女は小学3年生で連立二元一次方程式
        ・長男は幼稚園年長で2ケタのかけ算
        を、某九問式の教室で解いていましたよ

        特異な例かもしれませんが、環境だけじゃ私には説明できません
        親コメント
  • のいう事なんて信じられない。
    学力テストは、児童の学力ではなく、教諭の余裕度を測定している、と常々思っている。

  • by WindKnight (1253) on 2009年09月17日 17時15分 (#1641141) 日記
    共稼ぎ家庭とそうでない家庭の差は?
    自営業とそうでない場合は?

    総収入が同じくらいの場合、ここらへんの相関もあるのか、知りたいねぇ。
  • by Anonymous Coward on 2009年09月17日 17時59分 (#1641186)

    子供の頃、家に普通に百科事典があった。子供用(小学生〜中学生向け?)と一般向けの2セット。
    何か知りたいことがあった時や、どうしようもなく暇な時には百科事典を引っ張り出す(そしていつの間にか脱線して違う項目を眺める)というのが当時の習慣だった。
    それが直接(テストで測定されるような)学力に結びついたとは限らないが、(普通の学校生活と家庭生活だけでは接点のないような)いろんなことに興味を持ったり、何か知りたいときに自分で調べるという習慣を作るのに大きく貢献したと思う。

    もし家に百科事典なんてなく、代わりに親父が買ってきたエロ週刊誌ばかりが転がってるような環境だったら…、と考えると「環境」の与える影響は少なくないと思うし、年収が「環境」を知る尺度の一つではあると思う。

    当時は何とも思わなかったが、今にして思えば若い頃の両親にとっては結構な出費だったはずで、両親には感謝している。

  • この結果を受けて (スコア:2, おもしろおかしい)

    by kousokubus (37099) on 2009年09月17日 19時28分 (#1641254)

    「こどもの居る家に本をプレゼントすることで学力を向上させよう!」と素っ頓狂な政策を始める市区町村が出現するに100ガバス

    # ヤバイ経済学にそんな話が載ってましたな:-)
    # 手元にないので資料は引けないけどちゃんと参考文献も載ってたはず。

  • 小学校までは、与えられたものが大きいとは思うけど。
    まだ、リカバリ出来るから、最終的にどうなるかはわからない。
  •  昔から論争が重ねられていますよ。

    http://www.asahi.com/sympo/kyoiku/0201.html
    --
    optimized for /.
  • 親の学歴と現在の年収には、結構強い相関がある。(どこぞの統計がでていたはず)
    その学歴は、学生時分に「勉強って大事だよ」と思っていた意識と強い相関がある。(自明でしょ)
    子供の学力は、親の「勉強って大事だよ」と思う意識と相関があるはず。(自分が親になってみてたぶんそうだと思う)

    それで、現時点では親の年収と子供の学力に相関がでているのではないかというオレ説を持っています。

    この説が正しいとすると、「勉強なんて何の役にも立たないと考えている」+「低学歴」であるような親にいくらお金を配っても、その子供の学力は向上しないことになります。

    また、単純に、塾に行くとか、私立の小学校に行けば行かないよりも成績が上がる可能性は高いですが、たとえば塾とかにたくさんのお金かけなくても、親がたとえば図書館で面白そうな本を一緒に選ぶとか、理科や数学の楽しさを伝えるとか、宿題のわからないとこを教えてあげるとか、そういうことでも子供の成績が上がるはずだと信じています(学歴は高いが残念ながら年収が高くないので自分で頑張ろう)。

    #「相関がある」ってのは、それにあてはまらない人もたくさんいるだろうけど、全体としてそういう傾向があるってこと。

  • by chu-chu (7456) on 2009年09月17日 16時49分 (#1641114)

    (A)親の学歴が高い → (B)年収が高い → (C)親の遺伝子や習慣を受け継ぐ子は学歴が高い

    単なる偽相関。(B)は不要でしょう。

    • Re:偽相関 (スコア:3, 興味深い)

      by tarosuke (2403) <webmaster@tarosuke.net> on 2009年09月17日 17時25分 (#1641150) 日記

      親の学歴による相関は親の収入との相関よりかなり弱いという別の調査があるですよ。
      それによれば親の学歴が効くのは子供が小さいうちに限られるんだそうな。それと父親の学歴より母親の学歴のほうが効くんだと。

      親コメント
    • Re:偽相関 (スコア:2, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2009年09月17日 17時02分 (#1641125)

      偽相関という言葉をはじめて知った。

      で、ググるとそれなりにある。直接の因果関係がない相関関係を偽相関と呼ぶ人達がいるらしい。
      でも相関関係から因果関係を決定する方法って一般的に無いでしょう???

      ということは偽相関ということばを使う人と、その言葉を使って因果関係を否定されそうになっている人はいずれも科学的な人物ではないというわけで、不思議な言葉だ。

      親コメント
      • by chu-chu (7456) on 2009年09月17日 18時02分 (#1641191)

        専門用語ですから、知らなくても恥ではないと思います。
        大学でそれ関係の授業を受ければ教えてもらえます。

        第二節と第三節は繋がりはないですね。

        科学的な人物ってどういう人か知りませんが、例えば、統計学を知る人にとってはわりと常識的な用語なので、
        「偽相関ということばを使う人・・・はいずれも科学的な人物ではない」と断じるのは難しいと思います。

        親コメント
    • by orcinus (28475) on 2009年09月17日 17時24分 (#1641147)

      その例だと、偽相関とはいわない。
      BとCの相関は偽相関だと言いたいなら、下みたいにして説明しないと。

      (A)--(B)
              |
            └(C)

      ※ A,B,Cは元コメと同じ(…だけど学歴じゃなくて学力だと思う。学歴だったら親の年収と相関してるかもね。)
      つまり、BとCは、どっちともAが原因ですって言わないと。
      それに、これを偽相関だと言いきれる根拠もよくわからない。

      それに、たとえ偽相関だったとしても、それを発見することによってより直接的な相関関係を見つけるための足がかりになるかもしれないし、まったく意味が無いわけじゃないと思うよ。親の年収が高いと子供のためによい学習環境を用意できるから、という可能性もあるんじゃない? 

      #まぁ、直接的な原因が「親の遺伝子のせいでした」じゃあどうしようもないけど…

      親コメント
typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...