パスワードを忘れた? アカウント作成
8631 story

「プロジェクトX」がテーマの展示展開催 107

ストーリー by wakatono
ロボ好きにもいいかも 部門より

Anonymous Coward曰く、読売新聞の記事によると、スラッシュドットにもファンが多く、世間的にも子供に見せたい番組として評価されているらしいあのNHKの「プロジェクトX」をテーマにした展示会が,この夏休みに開催されるようだ(公式ページ)。期間は7/25~8/25の1ヶ月間。会場では、番組で取り上げたプロジェクトで登場した製品の実物や映像を、展示やステージイベントなどでいろいろと紹介するそうなのだが、なかでもステージショーがほとんどロボットばっかりなあたりが、ロボット好きには魅力となっている。このところ同番組をダレ気味と感じている人は、いっそこの展示会で補完してみてはどうだろうか?"

そういや、プロジェクトX関連の展示会はこれまで開催されていなかった。欠かさず観てる人は必見のものだろうが、ロボット出演の「ステージ・ライブショー」は毎日開催されているなど、ロボ好きの人にとっての見所もばっちり。関連したセミナーも開催される。なんかすげぇなぁ…

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 反面教師... (スコア:4, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2004年07月25日 22時45分 (#595861)
    「プロジェクトX」で取り上げられるプロジェクト(と呼べるのかがまず疑問だが...)が”結果オーライ”なもの、
    日本人が大好きな”みんなで頑張って死ぬ思いで成し遂げた。”的なものばかりで、
    本当に綿密に計画、遂行されたものは”ドラマがない”という理由で取り上げられていない様です。
    若い世代、そして子供達に本当の意味での’プロジェクト’という考え方を教えるのにはどうなんでしょうか?

    /* 高度成長を支えた爺様どもにむち打つつもりはないんですけど、結果的には... */
    • by Anonymous Coward on 2004年07月26日 1時33分 (#595919)
      実は、常にニヤケ顔の私の親父様が出演させて頂いたのですが、再現シーンで
      ニヤケ顔をしていると、もっと深刻そうな顔をするように指示があったそうです。

      というわけで、あれに取り上げられたからといって、実際のプロジェクトが
      「みんな頑張って~」だったとは限らない、のかも。

      # ヤラセ入ってるぶん教育効果はもっと悪いんじゃないかと思うが流石にAC
      親コメント
    • by NOBAX (21937) on 2004年07月26日 7時41分 (#595973)
      私は、プロジェクト×(バツ、ペケ)と
      読むのだと思っていました。

      -----------------------------
      あんなものプロジェクトではありません。
      親コメント
      • by metta (20740) on 2004年07月27日 14時19分 (#596656) 日記
        その通り!あの番組って、若い頃大学闘争とかやって粋がってた、団塊の世代のオッサン達が権力握ったら、日本は超落ち目。結局、口先だけの無能な「X(バツ、ペケ)世代」だったって事を「無理やり美談」で誤魔化す為の番組だからね。毎回お涙頂戴。エンディングは「俺達頑張ったよな~。あー漏れたちの人生はこれからも続いてゆく~」ってノリ。早く死んで欲しいよ>団塊の世代。
        親コメント
    • Re:反面教師... (スコア:2, 参考になる)

      by awajiya (2498) on 2004年07月26日 0時25分 (#595894) ホームページ
      まぁそれは年代によってずいぶん違うから一概には.

      ぼくの記憶だと,たとえばPARTによる工程監理が一般化した
      (組織の末端まで概念が浸透した)のは,へたすりゃ
      1970年代半ばか後半くらいだと思うし,つまりは,ごく最近までは,
      ねじり鉢巻で力勝負.って運用が常態だったと思いますよ.
      こういうものは,末端の外注まで意識が浸透してないと,
      ただの絵に描いた餅ですからね.

      プロジェクト管理ってのも,ひとつの高度なテクノロジーであって,
      それがなかった,あるいは概念としてあっても運用が困難だった
      時代にあてはめるのは,妥当でない気がします.

      もちろん,1930年代後半から,日本海軍や能率協会など,
      先進的な試みは行われていたわけで,「なかった」と言うつもりは
      ありませんし,もう今更ねじり鉢巻で力勝負なんて時代には
      戻れないし,戻ってもいけない.とも思いますがね.
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2004年07月26日 11時40分 (#596066)
      それ以前に、出ているプロジェクトについて詳しく知っている人ほど、あの番組に憤りを覚えているってのが……。

      どうも出演者の証言を全く裏を取らずにそのまま垂れ流しているみたいです。嘘や誇張、事実と違う内容がかなり混じっているみたいですね。上司が部下の手柄を横取りしたり、関連会社に苦労を押し付けてるくせに自分が一番苦労したような顔押したり、既にあったアイディアをいかにも自分のもののようにアピールしたり……。
      親コメント
    • by saitoh (10803) on 2004年07月25日 23時52分 (#595881)
      そうですね。プロジェクト管理がしっかりしていれば( 目標設定、予算、人材割り振りを含めての)、 プロジェクトX状態には陥らずに、目的を達成しているはず。
      親コメント
    • by ksh2ksk4 (11188) on 2004年07月26日 0時59分 (#595910)
      > 日本人が大好きな”みんなで頑張って死ぬ思いで成し遂げた。”的なものばかりで、

      それは外野から見てるだけだからなのでは?
      将来,大人になると「死ぬ思いで」仕事しなくちゃいけないんだってなると,子供もゲンナリしてしまいそう.
      「死ぬ思い」になるような経験は時には必要ですが,「死ぬ思い」と「一生懸命」は違いますからねぇ~.

      # 只今,デスマーチ真最中.「死ぬ思い」じゃなく「死にそう」.
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2004年07月26日 3時24分 (#595944)
    さすがにエンジニア業界におけるスポ根ドラマとしての冷評が
    多いですが、個人的にはそこそこ参考になります。

    #全部よく見たというわけでもないですが。

    新幹線プロジェクトに関しては、この番組をきっかけにいろいろ
    調べて、よくできたシステムのお手本として、たいへん勉強になりました。
    新幹線は、システムとしてはある意味非常に手堅くできています。番組の
    性質上、かなりドラマちっくに仕上がっているのだと思います。

    今の日本はある意味恵まれていて、分業化が進み、あえてリスクを
    冒してまで無理をしない組織構造になっているのでしょう。特に大企業
    とか。でもそのために、「どーしてもやらなきゃ」「でも予算これだけトホホ」
    という厳しい環境から生まれる創意工夫がだんだん少なくなって、
    どのプロジェクトも「無難にまとまってる」あるいみネタになりにくい
    状況になって来ているのだと思います。
    個人的にはプロジェクトXでは、この「へぇ」と関心できる「創意工夫」が
    見所だったりします。

    しかし黒四ダムをバックに撮った杖をついた中村精の写真はすごく
    カッコよかった。あの画像まだどこかにないかな?

    #超貧乏組織のシステム管理者なのでAC
  • 番組を見て (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2004年07月26日 4時54分 (#595959)
    周囲に感想を聞いてみた。
    「ISO9001に沿ったドキュメントなさそうじゃん。」
    「設備勝手に使ったら社内設備品管理規定違反だね。」
    「労働基準法違反だよ。こんなに働いたら。」
    「コンプライアンス上問題あるよね。」
    「家庭が犠牲だな。子供ぐれるよ。」
    …みんな疲れてるんだなぁ。
    • 想像するに (スコア:2, すばらしい洞察)

      by tux (14291) on 2004年07月26日 10時31分 (#596021)
      最近のプロジェクトXが面白くないのは
      この辺のヤバイ事が時効にならないと放送できないからでは?(^^;)
      機密書類持ち帰ってたりするし(w
      見ててTVにツッコミ入れる事がしばしば。

      こないだやってた国鉄の指定席発券システムなんて
      みずほ銀行の統合トラブル以上だったもんなぁ。
      …みずほ統合やらないかな(笑)

      最近はよく反面教師に使われてますね。
      http://www.e-mqi.com/3kouno12.html
      親コメント
    • 要するに、明治以来、ビンボーな東洋の一小国が成り上がってくる過程で行われたさまざまな「無理」を「美談」にしておかないと、気が落ち着かないご老人がたくさんいて、そういう人たちを慰める番組でもあるのかな?

      実際、現場で家庭を犠牲にした人は多くいるだろうし、目的の達成のためとはいえ、会社の規則を破っている人も多かっただろうし。もちろん、フィクションとしてのプロジェクトXには語られないだろうけど、奥さんの不倫なんてのもあっただろうし。

      結果オーライであればなんでも許される、というくらい、日本という国は貧しかったんだね。もしも朝鮮特需がなければ、今でもそういう国だったんじゃないかな?

      でも、いままた、日本はビンボー国になろうとしているけれど。
      親コメント
  • デスマーチプロジェクトと、リスク内包プロジェクトの区別がついて
    いないコメントがものすごく多いような......
    未踏の部分でプロジェクト管理ができないのを、その辺の(デス
    マーチになることがわかりきっているのに、リスクを管理しようと
    していない)デスマーチプロジェクトと一緒にしてしまうのは不幸なことでは。

    熊とワルツを [amazon.co.jp]」を読むとちょっと幸せになれるのかも。
  • リアプロ (スコア:1, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2004年07月25日 20時13分 (#595797)
    D-ILA搭載のリアプロTVが国内初公開との事で(記事 [itmedia.co.jp])、ちょっとその実力を見てみたいと思った。
    #この記事で特別展に気づいた次第。足を運ぶ動機にはなるかも。
    #割引券 [nhk-p.co.jp]もあるよ。100円引きだけど。
  • by sillywalk (15002) on 2004年07月25日 23時03分 (#595865) ホームページ 日記
    TRONの展示はありますか?:-)
    --
    And now for something completely different...
  • by yosukena (6066) on 2004年07月26日 0時28分 (#595896)
    公式サイトに、「130回を超える放送・プロジェクト(平成16年3月末現在)の中から製品の実物や映像や技術を展示」ってあるけど、今回のイベントの協賛企業に載っていない会社の回は、製品の実物とか無くて、簡潔にパネルとかで済ましているのかなあ?たぶん。

    ●特別協賛
     大林組、オムロン、キヤノン、三洋電機、シャープ、セコム
     東芝、東陶機器、トヨタ自動車、日本ビクター
    ●協賛
     東京電力、関西電力、コマツ、ソニー、竹中工務店、本田技研工業
     松下電器産業、ヤマハ発動機
    ●特別協力
     東京ドーム、ヤマト運輸

  • by Anonymous Coward on 2004年07月26日 0時42分 (#595901)
    >スラッシュドットにもファンが多く
    ファンはファンでもアンチの気がしますがね(w

    学生はともかく、現役エンジニアの人たちにとってみれば、
    「現場に理解のない上役」
    とか、
    「デスマチってるプロジェクトをひたすら現場エンジニアの努力と
    根性のみでなんとかクリア→万一評価されても何もしなかった無能
    上司が手柄をかっさらっていく」
    ってゆープロジェクトX的図式に心当たりがありすぎて、あれをニガワラ
    状態でさめた目で見てる人も多いと思いますが。

    ここの読者の方々は。
    • Re:ファンねぇ・・・ (スコア:2, おもしろおかしい)

      by kogekoge (20427) on 2004年07月26日 17時05分 (#596217) 日記
      中島みゆきファンが多(ry
      親コメント
  • 番組作成メンバーの話に違いないw
    「進まぬ取材」「迫る放送日」「行方不明の開発メンバー」。。。とかとか

    個人的にゃ F-2 とか 90式とかやってほしいのうー。
    軍用はだめ? そうですか(^^;
    カンボジア PKO とかもなかなかいい話になると思うんだがなー。
    • >軍用はだめ? そうですか(^^;
      軍用でもいいんじゃない?でも、それって成功作とは言えないし技術的にも詰らないし何もネタにならんので却下。
      #米国製の20年後れマイナーチェンジと見た目だけマネした箱。
      #まだT2と74式の方がネタとしては上等。
      親コメント
      • >>軍用はだめ? そうですか(^^;
        >軍用でもいいんじゃない?
        >#まだT2と74式の方がネタとしては上等。
        いや、それでも「軍用」ってだけで採用しなさそうだから(^o^;

        ネタとしては T-1 でもいいし、F-15 の ECM でもいいし、
        いろいろ転がってると思うだけに残念。
        親コメント
  • by dash0225 (21674) on 2004年07月26日 13時39分 (#596117)
    今まで何となくプロXを見てきて感じることは、 成功の一般論が見えないと言うことです。 解るのは、闇で研究したとか、男がいた、とか、 外国の論文をたまたま発見したとか、 こういう消化(昇華?)不良の番組がもてはやされると 言うことは、その裏には、偶然を待ち望んでいる姿勢が 見えてちょっと情けなく思います。
    番組の方も、これだけはやっているのだから、 なぜ成功したのかを掘り下げるべきだと思います。
  • by Anonymous Coward on 2004年07月26日 17時09分 (#596219)
    そんな批判ばかりしている人たちが作り上げる物ほどつまらない。

    批判している人の中には、その真実を知っていると言う人も居るようだが、その内容をWebサイトに載せるとか書物にすることで真実を周囲の人に正しく伝えようとしていますか?
    しっかりと考証したものであれば、NHKからの行動を恐れずに世に出すことが出来るはずです。是非ともお願いしたい。

    肯定している人であっても、全てをそのまま受け入れている人たちはそれほど居ませんよ。
    • by Anonymous Coward on 2004年07月26日 17時42分 (#596237)

      NHKはあの番組を「フィクションです」と言い切ったらしいが。
      (ここ [sacj.org]のNo.717参照)

      史実を元にしてやや過剰な浪花節的演出を加えたフィクションとして見れば、それなりに楽しめると思う。学ぶべきものが無いとは言わんが、所詮エンターテイメントでしょ?

      親コメント
      • しょせん、エンターティンメント、ですよね。

        でも、この番組の罪深いところは、モノ作りみたいな仕事を現実にしていないような人に「これがモノ作りの現実です」と言い切ってしまうこと。それを、すべてが真実と思いこませること。つまり、

        「この物語はわかりやすくするため、また、視聴者の皆様方に楽しんでいただくために、多少の誇張や脚色があり、現実そのものを忠実に再現したものではありません」

        みたいな注意書きは一切出てこない
        おまけに、この番組に出てくるのは、現実にある会社だったり、現実の人だったりする。つまり、詐欺師がよく使う「現実を少々混ぜたフィクション」になっていて、知らない人はそれを現実と思って信じてしまうような「仕掛け」が用意されている。かつ、それは事前に説明もされない。

        簡単に言えば、事前のちゃんとした説明がないから、制作者の意図、出演者の意図がどういうものであろうと、番組は結果として、非常に悪質な「ウソつき番組」になってしまっている、ということ。

        現場を本当に知っている人は、それがウソと見抜けて、そのウソの部分がたのしみにもなる。でも、専業主婦まっっしぐらな奥さんみたいな人とかは、これが現実だと思ってしまう。

        本当に良心的な人がこの番組を制作したのだったら、上記のような注意書きは、必ずあって然るべきものでしょうね。それがたとえ番組の視聴率を少々落とすことになっても、ね。

        でもね、中島みゆきさんは好きなのよ。
        親コメント
    • by kamakama (18535) on 2004年07月27日 19時56分 (#596793)
      の方の評価は今どうなんだろうか?
      もうあんまり内容覚えてないんだけど、「なかなかやるじゃん、日本」って見てた覚えがある。
      登場するのが二人だけで、分かりやすく解説されてて、かなり良かった印象。
      ゲストを良く見せるための演出が不要だから、プロジェクトXもこの形式でやればよかったのに、と思わないでもない。

      でも、今見直したらやっぱ「ツッコミどころたくさん」なのかしら(^^;
      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2004年07月25日 22時03分 (#595844)
    言いたいことは分かるけど日本語としておかしくない?
typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...