パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国の霊長類学者、クロザルは目的の結果を出すために操作ができるため、撮影した写真の著作権者になりえると主張」記事へのコメント

  • まずは財産権を (スコア:4, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward

    猿には人権も財産権もないのに知的財産権(著作権)の議論をするのは順番がおかしい。
    まずは基盤となる人権や財産権についての議論がかたまってからだろう。

    • Re: (スコア:2, 興味深い)

      遺言で全財産を飼い犬に与える [g-matsunaga.jp]などというのも認められていますからね。
      人権とか財産権を前提とする必要はないのでは。
      • 例えば犬の前に10億の現金を積んで飼い主が死んだとしても、犬はその金を持って外食に出かけることも、自分の食料を買出しに行く事も出来ない。

        面倒見る人が居なけりゃ、その犬はいずれ餓死することになる。
        • by Anonymous Coward

          そりゃその犬が訓練されてないからだろ。
          犬はちゃんと仕込めば自分で金持って外食も買い出しもこなせる。

          • by Anonymous Coward on 2016年08月15日 6時02分 (#3063334)

            住居の契約はできる?

            他人の土地に勝手に住むのは、なしですよ。

            親コメント
            • by bubu-duke (47248) on 2016年08月15日 14時53分 (#3063511)
              権利を行使する能力があることを条件とすると、
              人の重度障害者についての扱いが議論になるので筋があまりに悪いです。
              親コメント
              • by Anonymous Coward

                それは「クロザルは目的の結果を出すために操作できる」とか主張してるPETAに言えよ。

              • by Anonymous Coward

                ソレを言ってるのは霊長類学者で自然人類学者のAgustín Fuentes氏だよ。
                そしてそれだけでなくもっと詳細な話がちゃんとリンク先に書かれているよ。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...