パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

学生の7割が思う「知識の身につかない大学」」記事へのコメント

  • 調査の目的があるんじゃないかと思った。大学を改革させるための圧力みたいな。

    日本の大学生が概して勉強しないのは分かりきっているし、大学のほうも教える側が割といい加減なのも分かりきっている。筋道立てて考える力がどうの、知識が身についたがどうの、そんなことは調査以前から自明だった。

    あえて調査する意味といえば、

    1. 意図的に一つの結論を導きたかった
    2. 前回の調査とは違った結果がでるのか調べたかった
    3. 単なる継続調査

    そもそもこの調査で何を知りたかったのだろうか。学生の声を聞くことで何かが得られると思ったのだろうか。例年とは違った傾向を気配として感じていたのだろうか。そんなはずはない。

    一方で大学改革は進んでいて、現にいくつかの大学の合併構想が現実になってきた。教官にも任期が設けられるようになった。でもまだなかなか進まない。

    あるいは単に国民の大多数を占める怠惰な人間に媚びるためだけの調査とか。
    • まるで調査に意図があることがいけないかのようだが、調査を企画する段階で、意図や狙いがなにもなかったとしたらなぜわざわざアンケートなどを実施しようと思いたつというのか。こういうものは実験と同じ。疑問点やアイデアがはじめにあって、それを実際に確認/補強するためにデータを取る。もちろん結果が思い通りのこともあるし、自分の狙いとは逆になることもある

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...